【オリンピックナンバー】軽自動車の白ナンバーって自分で変更できるの?【申請期間】

自動車

黄色のナンバープレートの車と言えば軽自動車。

最近軽自動車で白いナンバーを見かけませんか?

ある一定の手順を踏むことで、誰でも白ナンバーに変更することが出来ます。

今まで黄色ナンバーが嫌だった方も、これで黄色ナンバーとはおさらばです。

どのようにして申請をするのか、どこで手続きをすればいいのか、費用などについてもここではご説明させて頂きます。

白ナンバーの種類

まず白ナンバーには2種類あります。

  • オリンピックナンバー
  • 地方図柄入りご当地ナンバープレート ( 軽自動車には黄色の縁取りが入ります )

 

オリンピックナンバーには2種類あり、ナンバー全体に図柄が入ったものと、ナンバー右上にエンブレムが描かれているものとあり、支払い金額が違ってきます。

地方図柄入りご当地ナンバープレートにもカラー版とモノクロ版とがあり、こちらも支払い金額が変わってきます。

以前には「ラグビーワールドカップ特別仕様ナンバー」がありましたが2019年11月29日の日にちをもって申請が終わってしまいました。

Tマガジンなら雑誌450誌以上が読み放題!初回1ヶ月0円!

申請方法は?

図柄入りナンバープレートの申請対象は登録自動車(自家用・事業用)と、軽自動車(自家用)です。 字光始期ナンバーや二輪などは対象外となっています。

番号は今のままで白ナンバーに変更する場合

1.図柄ナンバー申込サービスより申し込みをします。

今の車のナンバープレートなどの情報を入力をするので車検証を用意してください。

2.手数料の支払い

申し込み完了後にメールで手数料の案内が来ますので、支払いましょう。(ペイジー、銀行振込可)

入金確認後約10日間かかります。(土日祝含まず)

3. 交換申請書をダウンロード

入金を確認された後にメールが届きます。照会から交換申請書というのをダウンロードできるページがありますので、交換申請書を印刷しましょう。

4.管轄の運輸支局に行く

先ほどの交換申請書と車検証を持って管轄の陸運支局に行きましょう。

黄色のナンバープレートと白色のナンバープレートを交換して、自分で取り付けて完了です。

新しい番号に変更し、白ナンバーにする場合

1.図柄ナンバー申込サービスより申し込みをします。

交換の場合とは違い、新しい番号次第では抽選になるかもしれません。

例えばゾロ目や一桁の数字などは抽選番号に選ばれやすいです。自分の住んでる管轄のところはどんな数字が抽選番号になるかこちらから確認してみてください。

2.手数料の支払い

希望ナンバーの当選結果が出た後に、手数料を支払います。

3.管轄の運輸支局に行く

管轄の運輸局内にある予約センターで希望番号予約予約済証を受け取ってから、プレートを受け取り、取り付けを行います。

*番号が変わると任意保険の方も番号変更などが必要なので、必ずすぐ済ませてください。

費用は?

白ナンバーには2種類ありますが、付けたいナンバープレートによって金額が変わってきます。

オリンピックのエンブレムのみ・ご当地ナンバーのモノクロはおおよそ9,000円ほどかかります。

また、下記のナンバーは申請するときに寄付金が必要になってきます

  • オリンピックナンバーなら図柄入り
  • 地方図柄入りご当地ナンバープレートならフルカラー

寄付金はオリンピックの大会開催を支援する目的、ご当地ナンバーは交通改善、観光振興などの取組みに活用されるそうで、寄付金の額は最低1,000円以上です。

寄付金の下限額の1,000円を加えると合計約10,000円ほどかかります。

まとめ

今まで黄色ナンバーを嫌っていたそこのあなた!白ナンバーに変更するのも意外と簡単だったでしょ?

申し込みをしてから作ってもらうので、少々時間とお金はかかりますが、どうしても黄色ナンバーが嫌いな方はぜひやってみてはいかがですか?

白ナンバーにしても税金などはかわりませんので、ご安心ください。

また車を手放す際は、陸運支局で不正がないように穴を開けられますが、白ナンバーを記念に手元に置いておけます。費用は1,000円です。

夫婦の記念日などのナンバープレートを飾るのもオシャレかもしれないですね。

オリンピック記念ナンバーの申請期間は2020年9月末頃の予定ですので、お気をつけください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました